読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バスガイドがおすすめする北海道旅行の楽しみ方と注意点。

  私は7年間北海道のバスガイドをしていました。
北海道は広いので、数日では回りきれませんので、まずおすすめは、道南地方です。
道南地方の旅行というのは、札幌、小樽、登別、函館などで、北海道の地図だと左下のほう(笑)になります。
札幌は、名所が、時計台や、赤れんがなどがありますが、やはり、冬の雪祭りは一度見に来て欲しいです。
今では世界的なお祭りで、毎年、お祭り期間の1週間で200万人の人が世界中から訪れます。自衛隊が作る大雪像や、市民が作る小雪像が、幅105メートル、長さ1500メートルの大通公園にずらりと並びます。
冬の北海道の二月の上旬の気温は−5度くらいですが、札幌は、本格的な冬を迎えると、あまり冷たい風がビュービュー吹くことがなく、晴れた日の−5度なら体感温度としてはそれほど寒くは感じないかと思います。
北海道は、お店やホテルなど、建物の中はすべて暖かいので、服装は、中にヒートテックを何枚も着ることのないようにしましょう。
建物の中に入った時汗だくになります。
そのかわり、あたたかいコートやジャンパーを用意して、マフラーもあると、首から風が入るのを防げるので、いいかと思います。
寒いからといって、ポケットに手を入れて歩くと、すべって転んだ時に危ないので、手袋も用意しましょう。

あとは道南地方では、函館がおすすめです。とれたての、イカがとても美味しいですし、ウニやアワビなど、海のものがすべておいしいです。
函館は歴史のある街なので、赤れんが倉庫はデートスポットとして知られていますし、函館山からの夜景もきれいです。

また、夏の時期ですと、離島もおすすめです。礼文島利尻島へは、稚内からフェリーに乗っていくのですが、ウニがとってもおいしいです!
ウニがきらいというかたも、絶対に食べられるようになると思います。
薬臭い味など一切なく本当のウニの甘さが堪能できます。
礼文島では、本道では高い山に登らなければ見ることができない、高山植物や、礼文島だけでしか見ることができない珍しい花々を見ることができます。
ぜひ北海道にお越しください。頻度や期間。ホットヨガはダイエット効果あり?何キロ痩せたか